人材管理 IDC Japan

CHRO/CHOの設置は10.5%、人材戦略は法制度対応から多様化対応へ--IDC調査

IDC Japanは10月18日、国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向の調査結果を発表した。国内企業の人事人材戦略の策定や実行、関連するシステム管理に携わる600人を対象にしたもの。

 IDC Japanは10月18日、国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向の調査結果を発表した。国内企業の人事人材戦略の策定や実行、関連するシステム管理に携わる600人を対象にしたもの。生産性の向上や労働力の確保を目的に各社が進める戦略策定の推進者についてや、取り組みと課題、関連するIT利用の実態を調査している。

 調査結果によると、戦略策定の推進者では、最高人事責任者(Chief Human Resource Officer:CHRO、Chief Human Officer:CHO)などの設置率は10.5%にとどまり、41.3%の企業では人事部長がその役割を担っていることが分かった。

残り本文:約774文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan