Windows OS Microsoft

「Windows 10」の「Start」メニューに番号付きショートカット--よく使うアプリを見つけやすく

ここでは、「Windows 10 Anniversary Update」の「Start」メニューをカスタマイズし、「All Apps」(すべてのアプリ)と「Most Used」(よく使うアプリ)を無効化した後、アプリケーションのショートカットに番号をつける方法を紹介する。

 筆者は以前、『「Windows 10」で「Start」メニューをカスタマイズ--昔のようなシンプルさを取り戻す』という記事で、「All Apps」(すべてのアプリ)リストが左側に表示される「Windows 10 Anniversary Update」の新Startメニューをカスタマイズして、旧Startメニューの機能性を大幅に向上させたバージョンを作り出す方法を紹介した。図Aのように、タイルをすべて削除した後、Startメニューをリサイズすると、スクロール可能なAll Appsリストと「Most Used」(よく使うアプリ)リストから、すべてのアプリケーションに簡単にアクセスできるようになる。

図A:簡素化したStartメニューの外観と挙動は旧Startメニューにそっくりだ。
図A:簡素化したStartメニューの外観と挙動は旧Startメニューにそっくりだ。

 その記事を執筆してからも、筆者は旧Startメニューをシミュレートしたこのメニューをさらに改善する方法を模索していた。そして、先日、探していたものを見つけた。Recently AddedとMost Usedのセクションを無効化した後、アプリケーションのショートカットに番号をつけることで、前回カスタマイズしたStartメニューをさらに改善することができた。詳しく説明しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2296文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]