Windows OS Microsoft

「Windows 10」の「Start」メニューに番号付きショートカット--よく使うアプリを見つけやすく

ここでは、「Windows 10 Anniversary Update」の「Start」メニューをカスタマイズし、「All Apps」(すべてのアプリ)と「Most Used」(よく使うアプリ)を無効化した後、アプリケーションのショートカットに番号をつける方法を紹介する。

 筆者は以前、『「Windows 10」で「Start」メニューをカスタマイズ--昔のようなシンプルさを取り戻す』という記事で、「All Apps」(すべてのアプリ)リストが左側に表示される「Windows 10 Anniversary Update」の新Startメニューをカスタマイズして、旧Startメニューの機能性を大幅に向上させたバージョンを作り出す方法を紹介した。図Aのように、タイルをすべて削除した後、Startメニューをリサイズすると、スクロール可能なAll Appsリストと「Most Used」(よく使うアプリ)リストから、すべてのアプリケーションに簡単にアクセスできるようになる。

図A:簡素化したStartメニューの外観と挙動は旧Startメニューにそっくりだ。
図A:簡素化したStartメニューの外観と挙動は旧Startメニューにそっくりだ。

 その記事を執筆してからも、筆者は旧Startメニューをシミュレートしたこのメニューをさらに改善する方法を模索していた。そして、先日、探していたものを見つけた。Recently AddedとMost Usedのセクションを無効化した後、アプリケーションのショートカットに番号をつけることで、前回カスタマイズしたStartメニューをさらに改善することができた。詳しく説明しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2296文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan