クラウドサービス クラウドストレージ

モバイルでの生産性を高める--Dropbox「iOS」版のアップデートとその背景

Dropboxは、「iOS」版アプリをアップデートし、ユーザーの仕事を効率化するための機能を追加した。同社幹部が今回のアップデートに至った背景などを語った。

 Dropboxが、「iOS」版アプリケーションに仕事の効率を高める新しい機能を追加した。その目的は、モバイルデバイスでの作業を、デスクトップコンピュータと同じくらい生産性と効率性が高いものにすることだ。

 新しく加わったのは、PDFの書類に手書きでサインできる機能や、外出中の同僚と「iMessage」でチャット中にDropboxのファイルを共有したりできる機能などだ。

 また、新しいロック画面用ウィジェットが追加され、ユーザーはモバイルデバイスのロックを解除しなくても、画像やドキュメントの作成、スキャン、表示、アップロードといった作業を始められるようになった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3410文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]