開発

「DevOps」入門--その理念と得られるメリット、導入に向けての心構え

このガイドは、組織内でソフトウェアを迅速に配信するための、人気の高まりつつある組織的な構造「DevOps」について解説する。

 セキュリティ面のぜい弱性が常に存在し、それに対するセキュリティパッチが提供され続けるうえ、ソフトウェアには短期間で頻繁に機能が追加されていく。このような今日の状況において、組織内の必要性に応えられるようIT部門を構成し、大いにその顧客の役に立たせる方策を考えた場合、最先端にあるのがDevOpsだ。DevOpsは、本番環境を管理しているIT担当者とソフトウェア開発者とのコミュニケーションに重点を置くワークフローである。

 このガイドは、DevOpsを簡単に解説する。

概要

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2559文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan