VPN エリアビイジャパン

SWANStor:ファイアウォールの設定を変更せずに利用できるSSL-VPNソフト

SSL-VPNソフトウェアの「SWANStor」は、社外にあるモバイル端末からインターネット経由で社内システムへ安全にリモートアクセスできるようにする。ファイアウォールをはじめとするネットワークの設定を変更する必要がない。

SWANStorのポイント

  • モバイル端末から社内システムへ安全にリモートアクセスできる
  • ファイアウォールをはじめとするネットワークの設定が不要
  • オプションとして、端末やワンタイムパスワード、ICカード、声紋での2要素認証機能を提供

SWANStorの製品解説

 エリアビイジャパンの「SWANStor」は、社外にあるスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からインターネット経由で社内システムへ安全にリモートアクセスできるSSL-VPNソフトウェアだ。

編集部おすすめの関連記事

 企業内ネットワークに設置するSSL-VPNサーバ「SWANStor Server」と、同社が24時間365日体制で運用監視するインターネット上のゲートウェイサーバ「SWANStor Gateway」を連携させることで、ファイアウォールをはじめとするネットワークの設定を変更することなく、リモートアクセス環境を構築できる。

 グループやユーザー単位で、社内リソースやアプリケーションに対するアクセス制御を設定する機能を搭載する。SWANStorにログインをすると、目的のアプリケーションへも同時ログイン可能なシングルサインオン機能も備える。管理者が指定した時間内に操作を行わない場合に自動でログアウトさせる機能や、設定した回数のログインに失敗すると一時的にロックする機能などで堅牢性を高めている。

 管理者向けには、(1)アクセスログ(アクセス時間、アクセス者)や管理ログ(設定履歴)、システムログ(警告)などの「ログ管理機能」、(2)システムを常時監視し、障害検知時にはシステム管理者に通知する「死活監視、通知機能」、(3)ユーザー情報などのシステム設定情報を一括でインポート、エクスポート可能な「ユーザー一括登録機能」――などを提供する。

 オプションとして、端末やワンタイムパスワード、ICカード、声紋での2要素認証機能を提供する。ファイルサーバへのアクセス機能もオプションで提供する。

SWANStorのシステム構成
SWANStorのシステム構成(エリアビイジャパン提供)
SWANStorのまとめ
用途と機能 のモバイル端末からインターネット経由で社内システムへ安全にリモートアクセスできるSSL-VPNソフトウェア
特徴ファイアウォールをはじめとするネットワークの設定を変更することなく、リモートアクセス環境を構築できる
導入企業 Yellowfin Japan、東ソー、NTTデータ、大鵬薬品、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan