アクセス管理 ソフトクリエイト

L2Blocker:社内網の不正接続を遮断するアクセス管理システム--端末を自動収集

アクセス管理システムの「L2Blocker」は、社内LANへの接続が許可されていない端末を検知し、不正アクセスを防ぐ。社内LANに専用センサを設置して、許可された社内端末以外のネットワーク接続を遮断する。

L2Blockerのポイント

  • 社内LANへの接続が許可されていない端末を検知し、不正アクセスを防ぐ
  • ネットワーク内のARPパケットを読み取って、不正端末のアクセスを検知、遮断
  • 導入時は接続した端末を自動収集できるため、手動登録の手間を減らせる

L2Blockerの製品解説

 ソフトクリエイトの「L2Blocker」は、社内LANへの接続が許可されていないクライアントPCやモバイル端末を検知し、不正アクセスを防ぐアクセス管理システムだ。社内LANに専用センサを設置することで、許可された社内端末以外のネットワーク接続を遮断する。

編集部おすすめの関連記事

 ネットワーク内のARPパケットを読み取って、不正端末のアクセスを検知、遮断する。Windowsのほかに、OS XやLinux、UNIX、iOS、Androidなどにも対応する。

 「L2Bマネージャ」と「L2Bセンサ」が必要となる。L2Bマネージャは、クラウド版とオンプレミス版が提供されている。L2Bセンサはセグメントごとに1台が必要となる。L2Bセンサを社内LANに接続するだけで導入可能だ。

 社内端末の許可リスト(ホワイトリスト)を作り、台帳管理する。台帳ではIPアドレス、機器名、MACアドレス、メーカーなどの情報を保存する。導入時は接続した端末を自動収集できるため、手動登録の手間を減らせる。

 検知したアクセス記録はログに残り、管理サイトから検索、一覧表示することができる。離れた拠点からの私物端末を使った接続を抑止できるため、社内からの情報漏えいリスクが減る。

L2Blockerのシステム構成図
L2Blockerのシステム構成図(ソフトクリエイト提供)
L2Blockerのまとめ
用途と機能社内LANへの接続が許可されていないクライアントPCやモバイル端末を検知し、不正アクセスを防ぐアクセス管理システム
特徴社内LANに専用センサを設置することで、許可された社内端末以外のネットワーク接続を遮断する
税別価格オンプレミス版のL2Bマネージャは24万円、L2Bセンサのスタンダード版は14万円。クラウド版のL2Bマネージャは月額2万円、L2Bセンサのスタンダード版は月額3000円
導入企業東亜道路工業、アミューズ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  5. 東京ガスの成功事例に学ぶCX向上術――できることから始めて会員数600%増を実現

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan