バックアップ エリアビイジャパン

SWANBackup:負荷の少ない時間帯を自動検知するクラウド型バックアップ

クラウド型バックアップサービスの「SWANBackup」は、クライアントソフトが端末のCPU稼働率やアイドル時間を監視して負荷の少ない時間帯を自動検知し、スケジューリングからバックアップまでを自動で行う。

SWANBackupのポイント

  • 負荷の少ない時間帯を自動検知し、スケジューリングからバックアップまでを自動で行う
  • 契約は企業単位で契約した記憶容量を社内全体で共有できる
  • クラウドにバックアップしたデータを社内のサーバに同期する機能も提供

SWANBackupの製品解説

 エリアビイジャパンの「SWANBackup」は、クライアントPCを対象としたクラウド型バックアップサービスだ。クライアントソフトが端末のCPU稼働率やアイドル時間を監視して負荷の少ない時間帯を自動検知し、スケジューリングからバックアップまでを自動で行う。Dell EMCの子会社であるMozyの技術をベースとしている。

編集部おすすめの関連記事

 初回にフルバックアップした後は、更新されたファイルだけをバックアップすることで処理時間を軽減している。契約は企業単位で、契約した記憶容量を社内全体で共有できる。部署間の利用データ量のばらつきに関係なく、効率的かつ安価に利用できる。

 リストアはクライアントソフトを利用するほか、ウェブブラウザからも処理可能だ。過去90日分の履歴データを管理する機能を備えており、ユーザーが指定した時点のデータをリストアできる。

 クラウドにバックアップしたデータを社内のサーバに同期する機能も提供。オプションで社内ネットワークにあるローカルディスクにデータをバックアップする機能も提供する。バックアップしたファイルをiOSとAndroidを搭載する携帯端末から参照する機能も提供する。

 EMCが運営するデータセンターをインフラに利用している。欧米の2カ所のデータセンターにバックアップデータを保存している。

SWANBackupのサービスイメージ
SWANBackupのサービスイメージ(エリアビイジャパン提供)
SWANBackupのまとめ
用途と機能クライアントPCを対象としたクラウド型バックアップサービス
特徴クライアントソフトが端末のCPU稼働率やアイドル時間を監視して負荷の少ない時間帯を自動検知し、スケジューリングからバックアップまでを自動で行う

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]