資産管理 ハンモック

AssetView:必要な機能だけを購入できる統合管理ソフト--セキュリティにも活用

統合管理ソフトの「AssetView」は、ソフトの資産管理やPC操作ログ管理など必要な機能だけを必要なライセンス数だけ購入できる。標的型攻撃対策やマイナンバー対策などをまとめたパッケージも用意されている。

AssetViewのポイント

  • 必要な機能のみを購入することでコストを最小限に抑えられる
  • IT資産管理、アプリ配布、PC操作ログ管理のほか、マイナンバー対策に特化した機能も用意
  • 標的型攻撃、情報漏えい、脆弱性などへのセキュリティ対策も可能

AssetViewの製品解説

 ハンモックの「AssetView」は、必要な機能のみを必要なライセンス数だけ購入することでコストを最小限に抑えられる統合管理ソフトウェアだ。

編集部おすすめの関連記事

 IT資産管理、アプリケーション配布、PC操作ログ管理、個人情報検索、デバイス制御、不正PC遮断、リモートコンソールの各機能に加え、ファイル暗号化やウイルス対策、ウェブフィルタリング、マイナンバーセキュリティ対策に特化した機能も用意している。

 情報漏えい対策には、15種類の各機能の中から必要なものを組み合わせることで、標的型メール攻撃、内部不正による情報漏えいリスク、脆弱性などへの対策を講じることができる。

 ナビゲーション機能を使うと、セキュリティとコンプライアンスのレベルに応じて運用ポリシーを一括で設定できる。専門的な知識がない担当者でも「通常設定」「厳重設定」といった具合に運用レベルを設定可能だ。

AssetViewの画面イメージ
AssetViewの機能構成(ハンモック提供)
AssetViewのまとめ
用途と機能必要な機能のみを必要なライセンス数だけ購入することでコストを最小限に抑えられる統合管理ソフト
特徴IT資産管理、アプリケーション配布、PC操作ログ管理、個人情報検索、デバイス制御、不正PC遮断、リモートコンソールの各機能に加え、ファイル暗号化やウイルス対策、ウェブフィルタリング、マイナンバーセキュリティ対策に特化した機能も用意している
税別価格スタンダードパッケージは50〜99クライアントの場合でライセンス価格が1万2600円、年間保守サービス価格が1890円
導入企業富士製薬工業、キャスティングロード、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法
  2. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. BCPに関する「10の落とし穴」に嵌っていませんか?HA導入時に抑えるべきポイントを解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]