暗号化 デジタルアーツ

FinalCode Express:社内のファイル管理に特化したパスワード不要のIRMツール

ファイル権限管理(IRM)ツールの「FinalCode Express Edition」は、ファイルの暗号化とローカルフォルダの自動暗号化の機能を備えている。パスワードの設定と入力が不要で、ファイルとローカルフォルダを自動で暗号化、復号する。

FinalCode Express Editionのポイント

  • ファイルの暗号化とローカルフォルダの自動暗号化の機能を備える
  • パスワードの設定入力が不要、ファイルとフォルダを自動で暗号化、復号する
  • 基本機能以外の機能を有償オプションで追加できる

FinalCode Express Editionの製品解説

 デジタルアーツの「FinalCode Express Edition」は、ファイルの暗号化とローカルフォルダの自動暗号化の機能を備えたファイル権限管理(IRM)ツールだ。社内のファイル管理に特化することで提供価格を抑えている。SaaS版とオンプレミス版を用意している。

編集部おすすめの関連記事

 パスワードの設定と入力が不要で、ファイルとローカルフォルダを自動で暗号化、復号する仕組みだ。利用者は暗号化を意識することなくファイル、フォルダを閲覧、操作できる。クライアントにインストールするソフトウェア「FinalCode Client」とクラウド上の動作するサーバソフトウェア「FinalCode Server」が連携して、利用者のアクセス権限を管理する。

 基本機能以外の機能を有償オプションで追加できる。具体的には、不正フォルダの自動暗号化、削除と不正通知、Box連携、CADファイルの暗号化と閲覧、大規模運用などの機能がある。

FinalCode Express Editionのまとめ
用途と機能ファイルとフォルダの暗号化機能を備えたIRMツール
特徴パスワードの設定と入力が不要で、ファイルとローカルフォルダを自動で暗号化、復号する仕組み。クライアントソフトとクラウドが連携することで、パスワードレスでファイルとフォルダを自動で暗号化、復号する
税別価格 【使用料】
1ライセンスあたり月額1000円(最低購入10ライセンス)
【有料オプション】
・共有フォルダ自動暗号化(500円)
・削除、不正通知(600円)
・Box連携(300円)
・CADファイル暗号化、閲覧(500円)
・大規模運用(1500円)
※いずれも1ライセンスあたりの月額費用

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan