AI・機械学習 IoT

F1レースで活用されるIoT技術--IBMのソリューションがホンダで果たす役割

本田技術研究所(ホンダ)はIBMの「IoT for Automotive」ソリューションを自社レーシングカー向けシステムに導入している。ここでは、同ソリューションがどのように使用されているかを紹介する。

 近頃、人工知能の自動車への搭載が全国的な話題となっている。米運輸省は自動運転車に関するガイドラインを発表し、Teslaの「Autopilot」はハイウェイでの半自動運転機能をドライバーに提供している。さらに、Fordまでもが、完全自動運転車の大量生産を2021年までに開始すると発表した。

 だが、自動車の世界における人工知能には、長い歴史がある。その最も古いルーツの一部は、レーシングカー業界にある。

 このところ、本田技術研究所(ホンダ)はIBMの「IoT for Automotive」ソリューションを採用したシステムを使って、自社のレーシングカーのハイブリッドエンジンから送られてくるデータを解析している。この「Watson」プラットフォームは、F1レースで現在使用されているが、エンジン解析の分野で不可欠な要素になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1985文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan