営業ツール WEIC

SALES BASE:内勤営業を支援するクラウドサービス--リードとアポの獲得を自動化

「SALES BASE」は、Salesforce Sales Cloudと連携し、見込み顧客とアポイント獲得を自動化する。営業戦略の設計からターゲット抽出、商談獲得までを支援する機能をワンストップで提供する。

SALES BASEのポイント

  • インサイドセールス業務を支援するクラウドサービス
  • Salesforce Sales Cloudと連携し、見込み顧客とアポイントの獲得を自動化
  • 営業戦略の設計からターゲット抽出、商談獲得までを支援する機能を提供

SALES BASEの製品解説

 WEICの「SALES BASE」は、非対面での内勤営業活動であるインサイドセールス業務を支援するクラウドサービスだ。ターゲット企業を定義した上で、マルチコンタクトポイントでデータを収集管理し、複数部門が連携してアプローチするセールスマーケティング手法「Account Based Marketing(ABM)」を実現する。

編集部おすすめの関連記事

 セールスフォース・ドットコムが提供する営業支援(SFA)サービス「Salesforce Sales Cloud」と連携。見込み顧客(リード)とアポイント獲得を自動化することを目的に、営業戦略の設計からターゲット抽出、商談獲得までを支援する機能をワンストップで提供する。

 リード獲得戦略に基づいて抽出したターゲットリストに対して、担当者情報とパーミッションを自動で獲得する。さらに、獲得した見込み顧客情報に対し、インサイドセールスを実行することで、受注に必要な顧客のBANT(Budget=予算、Authority=決裁権、Needs=必要性、Timeframe=導入時期)情報を獲得。受注確度の高い顧客をプロファイリングして管理できる。

 ターゲット企業の担当者リードや醸成されたBANT情報、日時調整された商談アポイントを自動で追加するので、利用企業は訪問や商談などのフィールドセールスに専念できる。また、リードやアポイントの獲得情報を共有することで、現場の営業活動の課題を発見し、営業プロセスを早期に改善できる。

SALES BASEのダッシュボード画面
SALES BASEのダッシュボード画面(WEIC提供)
SALES BASEのまとめ
用途と機能インサイドセールス業務を支援するクラウドサービス
特徴Salesforce Sales Cloudと連携し、見込み顧客(リード)とアポイント獲得を自動化することを目的に、営業戦略の設計からターゲット抽出、商談獲得までを支援する機能をワンストップで提供する
税別価格基本料金が月額15万円。加えて、獲得内容、活動量に応じて獲得単価や運用単価を決定する

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan