ワークフロー

OpenCube:Excelのまま回覧できるワークフロー管理ツール--SharePointを拡張

ワークフロー管理ツールの「OpenCube」は、ExcelやWordの文書をそのままワークフローで回覧できる。SharePoint Serverのワークフロー機能を拡張する形で導入する。

OpenCubeのポイント

  • ExcelやWordの文書をそのままワークフローで回覧できる
  • SharePoint Serverのワークフロー機能を拡張する形で導入
  • 申請や承認などのボタンをツールバーに表示する

OpenCubeの製品解説

 NTTデータ スマートソーシングの「OpenCube」は、ExcelやWordの文書をそのまま回覧できるワークフロー管理ツールだ。SharePoint Serverのワークフロー機能を拡張する形で導入する。

編集部おすすめの関連記事

 専用のアドインをインストールすることでWordやExcelの文書をそのままワークフローで利用でき、回覧者ごとに申請や承認などのボタンをツールバーに表示する。

 ワークフローの経路や分岐条件などはVisioで定義する。従業員や組織の情報は、Active Directoryをそのまま利用できる。Active Directoryにないユーザーグループ情報も組み合わせて管理可能だ。最新版では、ブラウザで簡易ワークフローを定義できるようになった。

 ワークフローを監視する機能も備えている。回覧履歴や管理者操作の記録、滞留時間の集計などのアクセス監視に対応する。

OpenCubeのまとめ
用途と機能WordやExcelの文書をそのまま利用できるワークフロー管理ツール
特徴SharePoint Serverのワークフロー機能を拡張する形で導入する。専用のアドインをインストールすることでWordやExcelの文書をそのままワークフローで利用でき、回覧者ごとに申請や承認などのボタンをツールバーに表示する
導入企業 セイコーソリューションズ、シービー・リチャードエリス、日本発条、早稲田アカデミー、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan