セキュリティ

2017年のサイバー犯罪トレンド--ランサムウェアとIoTハックが新たな脅威に

企業が2016年に受けたサイバー攻撃は、9000万件を超えた。2017年には、攻撃件数が倍増する可能性もある。サイバーセキュリティ企業Spirentの専門家が、新たな技術革新がどのようにぜい弱性を拡大するか解説する。

 サイバー犯罪の脅威が、企業と個人ユーザーに不気味な影を落としている。拡大し続けるこうした脅威に対する認識を高めるため、米国欧州では10月が全国サイバーセキュリティ意識向上月間と定められている。

 サイバー犯罪による経済的損失は甚大で、はっきり数字に表れている。2016年に企業と個人が受けたサイバー攻撃は、9000万件に上る。毎分400件発生している計算だ。これら攻撃の70%近くは気付かれないが、大きな被害を与える。サイバーセキュリティ企業Spirentでセキュリティコンサルティング担当シニアディレクターを務めるSameer Dixit氏によると、ハッキングされた企業が1回の攻撃で被る被害額は1540万ドルになるそうだ。

 Dixit氏は、ハッキングの主な動機は経済的なものだと説明する。ダークウェブについて、同氏は「サイバー犯罪者たちが、盗んだデータを地下のブラックマーケットで売買している。社会保障番号、銀行口座の情報、クレジットカードのデータ、個人情報、個人の健康情報が販売されている」と話した。

 Dixit氏は、モノのインターネット(IoT)自動運転車などの新たに出現してきた技術と結びつくことで、技術革新のたびに新しい脅威も登場する、とした。「市場でインターネット対応デバイスが増えることから、そのようなデバイスと関連したセキュリティ上の脅威も増え続ける」(同氏)

 Dixit氏は、2017年に顕在化するサイバー攻撃の傾向について、自身の予想を紹介した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1500文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan