AI・機械学習 グーグル Google

「Google Assistant」入門--新たな機能が続々追加されるAIアシスタント

「Google Assistant」はAIを活用したパーソナルアシスタントだ。「Google Home」や、一部のスマートフォン、スマートウォッチ、「Android Auto」搭載車で利用でき、継続的に更新されて新機能が追加されている(2016年10月17日公開、2018年5月17日更新)。

 Googleの最高経営責任者(CEO)であるSundar Pichai氏によると、次世代のコンピューティングは「モバイルファーストからAIファースト」への移行が中心になるという。Googleの場合、その移行を支えるのは、AIベースのインテリジェントアシスタント「Google Assistant」だろう。このソフトウェアのリリースは、個人ユーザーにさまざまな影響を及ぼすと考えられるが、自社の多数のビジネスを1本の共通の糸で結びつけるGoogleの新戦略を示すものでもある。

 スマートフォンユーザーやAIファン、企業の意思決定者がGoogle Assistantの機能とその重要性を理解できるよう、最も重要な詳細情報とリソースをこの入門記事にまとめた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4937文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]