電話・FAX Karigo

秒速FAX送信:ブラウザとメールからファクスを送信できるサービス--一斉送信も可能

ファクス送信サービスの「秒速FAX送信」は、PDFファイルや入力したテキストを指定番号へファクス送信できる。同じ内容のファクスを1度で最大3000件まで送信できる同報機能も備えている。

秒速FAX送信のポイント

  • PDFファイルや入力したテキストを指定番号へファクス送信
  • 同じ内容のファクスを1度で最大3000件まで送信できる
  • 予約可能期間は最大90日で、15分単位での時間予約ができる

秒速FAX送信の製品解説

 Karigoの「秒速FAX送信」は、ブラウザとメールからファクスを送信できるサービスだ。PDFファイルや入力したテキストを指定番号へファクス送信できる。同じ内容のファクスを1度で最大3000件まで送信できる同報機能も備えている。

編集部おすすめの関連記事

 予約配信機能を備えている。特定の日時を指定し、その時間になると送信依頼をした内容でファクス送信を開始する。予約可能期間は最大90日で、15分単位での時間予約ができる。

 送信状況をリアルタイムで確認することも可能だ。送信履歴は最大100件まで保存される。1回に3000番号へ送った場合でも1件とカウントする。期限は60日以内のものが表示可能だ。

 日時、相手先電話番号、送信アドレス、枚数などの送信データは、過去最大60日分までダウンロード可能だ。社内での送信枚数集計や送信済みデータの確認、OEM利用時の料金集計やデータ提供などに利用できる。

秒速FAX送信のまとめ
用途と機能ブラウザとメールからファクスを送信できるサービス
特徴PDFファイルや入力したテキストを指定番号へファクス送信できる。同じ内容のファクスを1度で最大3000件まで送信できる同報機能も備えている
税別価格送信枚数が5000枚までの場合は1ページ送信単価は10円。初期費用や月額費用は無料

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan