運用管理 クレオ(ネットワークス)

SmartStageサービスデスク:ITIL準拠のサービスデスクを構築できるITサービス管理ツール

ITサービス管理ツールの「SmartStageサービスデスク」は、ITIL準拠のサービスデスクを構築できる。既存の業務フローにあわせてITサービス管理のプロセスを設計できる。

SmartStageサービスデスクのポイント

  • ITILに準拠したサービスデスクを構築できる
  • 既存の業務フローに合わせたITサービスをノンプログラミングで適用できる
  • IT運用の可視化、効率化により利用者満足度の向上や運用コストの算出が可能

SmartStageサービスデスクの製品解説

 クレオネットワークスの「SmartStageサービスデスク」は、ITILに準拠したサービスデスクを構築できるITサービス管理だ。IT運用の可視化、効率化によりエンドユーザーの満足度を向上させたり、適切なIT運用コストを算出したりするために使える。

編集部おすすめの関連記事

 ITIL(Information Technology Infrastructure Librar)はITサービス管理での成功事例をまとめた書籍群で、ITサービスの戦略、企画から開発、運用、その後の改善に至る一連の業務プロセスを網羅する。SmartStageサービスデスクを利用すれば、既存の業務フローに合わせたITサービスをノンプログラミングで適用できる。

 エンドユーザーからの問い合わせ内容を記録することで、インシデント管理状況や作業ボリュームを可視化。操作履歴や作業ログといったシステム運用状況情報をクラウド上に集約することで、業務の進捗状況をいつでもどこでも確認できる。

 リードオンリーの専用IDを用意し、同IDでシステム内の情報をチェックするだけでシステム監査、内部評価に対応できる。さらに、ITサービス管理に必要な情報を外部システムから取得するためのインターフェースを装備し、複数のアラート方法やタスクを集約したIT運用管理の一元化が可能になる。

SmartStageサービスデスクの画面イメージ
SmartStageサービスデスクの画面イメージ(クレオネットワークス提供)
SmartStageサービスデスクのまとめ
用途と機能ITILに準拠したサービスデスクを構築できるITサービス管理
特徴IT運用の可視化、効率化によりエンドユーザーの満足度を向上させたり、適切なIT運用コストを算出したりするために使える
税別価格SaaSプランは「Join」が初期費用10万円、月額10万円、Standardが10万円、30万円(いずれもマルチテナント型)、「EX」が30万円、50万円(シングルテナント型)。オンプレミスプランは要問い合わせ
導入企業イオンアイビス、遠鉄システムサービス、JALインフォテック、西武ホールディングス、日揮情報システム、ネオス、ハウコム、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]