ビッグデータ解析

ビッグデータ投資、減少の兆し--多くの組織が試験段階で足踏み

ガートナーは、ビッグデータに対する投資は増え続けているが減少の兆しが見られる、との調査結果を発表した。

 Gartnerは、ビッグデータに対する投資は増え続けているが減少の兆しが見られる、との調査結果を発表した。具体的には、2016年時点で対ビッグデータ投資を実施した企業の割合は48%あり、前年に比べ3ポイント増えた。ところが、今後2年間に投資する計画のある企業は25%で、前年の31%より減ったという。減少に向かう原因として、Gartnerはビッグデータプロジェクトの実運用化が難しい点を挙げた。

 調査対象者の4分の3弱が、勤務組織でビッグデータに対する投資を実施済み、もしくは実施予定と答えたものの、試験運用段階で足踏みしている組織が多かった。ビッグデータプロジェクトを実運用している組織は15%にとどまり、前年の14%からほとんど変化していない。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan