ストレージ

5種類のフラッシュストレージを解説(後編)--フラッシュ前提と独自設計型など

前編に続いて、フラッシュストレージ製品カテゴリと、どのような用途に適しているのかを掘り下げてみたいと思います。大きく5種類に区分してそれぞれの代表的な製品を取りあげています。

 前編から、フラッシュストレージ製品カテゴリと、それがどのような用途に適しているのかを掘り下げています。製品カテゴリにはいろいろと考えがありますが、ここでは大きく5種類に区分してそれぞれの代表的な製品を挙げてみます。

(1)サーバのPCIeやNVMeにフラッシュを接続(サーバサイドフラッシュ)

 代表的な製品:Intel Solid-State Drive、SanDisk FUSION ioMemory、HGST Ultrastarなど

(2)ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)

 代表的な製品:VCE VxRail、Nutanix、HPE Hyper Converged System、Cisco HyperFlexなど

(3)SSDをデータキャッシュに利用した外部接続型ハイブリッドストレージ(一部オールフラッシュ仕立てにしているものもあり)

 代表的な製品:NetApp FAS、HPE Storeserv、Dell EqualLogic PS Seriesなど

(4)フラッシュ前提で開発されたSSD搭載オールフラッシュストレージ

 代表的な製品:Dell EMC XtremIO、Tintri VMstore T5000、Pure Storage FlashArray//m、NetApp SolidFireなど

(5)独自設計型オールフラッシュストレージ

 代表的な製品:IBM Flash System、Violin Memory、Dell EMC DSSDなど

残り本文:約4663文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan