モバイル

グーグルのAI搭載スマートフォン「Pixel」--知っておくべき4つのポイント

Googleの新スマートフォン「Pixel」が披露された。Pixelには、AIなどの機能が搭載されている。ここでは、同端末に関連した知っておくべき4つのポイントを紹介する。

 Googleの「Pixel」スマートフォンがついに披露された。そして、Pixelには、AIが搭載されている。最新の純正「Android」スマートフォンであるPixelは米国時間10月4日開催のGoogleイベントで、新しい「Daydream View」仮想現実(VR)ヘッドセット、新しい「Google Wi-Fi」ルータ、新しい「Chromecast」とともに発表された。

 Googleの最高経営責任者(CEO)であるSundar Pichai氏は同イベントの冒頭で、PCからウェブへの移行、そして、現在のウェブからモバイルへの移行について説明した。そして、テクノロジの世界は今、「モバイルファーストからAIファースト」への移行のまっただ中にあるとGoogleは考えている、と同氏は述べた。

 そうしたAIへの取り組みの中心にあるのは、5月に発表されたGoogleのパーソナルアシスタント「Google Assistant」だ。Pichai氏によると、Google Assistantで目指しているのは、「それぞれのユーザーが自分専用のGoogleを築き上げられるようにする」ことだという。Googleは新しいハードウェア製品を多数発表したが、Google AssistantがPixelスマートフォンの中核をなしていることも強調した。

 今回の発表に関して知っておくべき4つの重要なことを以下で紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2313文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]