モバイル

グーグルのAI搭載スマートフォン「Pixel」--知っておくべき4つのポイント

Googleの新スマートフォン「Pixel」が披露された。Pixelには、AIなどの機能が搭載されている。ここでは、同端末に関連した知っておくべき4つのポイントを紹介する。

 Googleの「Pixel」スマートフォンがついに披露された。そして、Pixelには、AIが搭載されている。最新の純正「Android」スマートフォンであるPixelは米国時間10月4日開催のGoogleイベントで、新しい「Daydream View」仮想現実(VR)ヘッドセット、新しい「Google Wi-Fi」ルータ、新しい「Chromecast」とともに発表された。

 Googleの最高経営責任者(CEO)であるSundar Pichai氏は同イベントの冒頭で、PCからウェブへの移行、そして、現在のウェブからモバイルへの移行について説明した。そして、テクノロジの世界は今、「モバイルファーストからAIファースト」への移行のまっただ中にあるとGoogleは考えている、と同氏は述べた。

 そうしたAIへの取り組みの中心にあるのは、5月に発表されたGoogleのパーソナルアシスタント「Google Assistant」だ。Pichai氏によると、Google Assistantで目指しているのは、「それぞれのユーザーが自分専用のGoogleを築き上げられるようにする」ことだという。Googleは新しいハードウェア製品を多数発表したが、Google AssistantがPixelスマートフォンの中核をなしていることも強調した。

 今回の発表に関して知っておくべき4つの重要なことを以下で紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2313文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan