AI・機械学習 セールスフォース・ドットコム Salesforce.com

セールスフォース「Dreamforce 2016」--注目すべき5つの発表内容

セールスフォースは、年次カンファレンス「Dreamforce 2016」で発表した多数の新製品や新機能により、グループでの共同作業やモバイル、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)に関する最新の取り組みを継続していることを明らかにした。同カンファレンスにおける注目の発表内容5つを紹介する。

 Salesforceは、米国時間10月4日に年次カンファレンス「Dreamforce 2016」で発表した多数の新製品や新機能により、グループでの共同作業やモバイル、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)に関する最新の取り組みを継続していることを明らかにした。同社はより統一されたアプローチを目指し、中核的なコンポーネントの多くを単一のプラットフォームに統合する作業を進めている。

 Dreamforceの開幕1日目に行われたこの発表は、既存の製品、あるいはSalesforceがこれまでに買収したさまざまな技術に対するアップデートが主体となっている。1番の注目はSalesforceの新AIプラットフォーム「Einstein」に集まったものの、ほかにもプロフェッショナルなユーザーがより簡単に作業を済ませることができるよう、いくつかの取り組みが披露された。

 Dreamforceの初日の発表で最も注目すべき事項を以下に紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2417文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan