アクセス管理

注目される“IGA”--IDガバナンスによる権限の極小化が情報漏えいを防ぐ:NetIQ

システムへのアクセスを管理するためのものとして“Identity & Access Management(IAM)”が普及してきているが、現在は“Identity Governance & Administration(IGA)”が注目を集めつつある。

 「情報漏えい事件の63%は、盗んだIDとパスワード(PW)を使って正規ユーザーに成りすましたものだ」――。米NetIQのアイデンティティソリューションズストラテジストであるTravis Greene氏は、米Verizon Enterprise Solutionsの調査データを引き合いにID/PWを適切に管理するガバナンス(統制)の重要性をこう指摘する。

 成りすましの影響は大きい。「大手医療保険会社の米Anthemは、データベース管理者のID/PWを不正に使われて、保険加入者などの個人情報が漏えいした。自分が行っていないデータベース操作が行われていることをデータベース管理者が発見し、セキュリティ部門に報告した」(Greene氏)

 ID/PWの窃盗に対して、われわれはどう対抗すればよいのか。Greene氏は「アイデンティティ管理とアクセス制御によって対抗できる」と強調する。情報システムのアカウントとアクセス権限を適切に管理することでセキュリティを担保するアプローチをGreene氏は「Identity Powered Security」と呼ぶ。

 Greene氏は、Identity Powered Securityを成り立たせる要素として(1)「Identity Governance & Administration」(アイデンティティ情報のガバナンスと管理)、(2)「Access Management & Authentication」(アクセス管理と認証)、(3)「User Activity Monitoring」(ユーザー活動の監視)――の3つを挙げる。

 米NetIQは、これら3つの原理原則をカバーするソフトウェア製品として、ガバナンス機能に注力したアイデンティティ管理ソフト「Identity Manager」と、リスクベース認証機能を備えたシングルサインオン(SSO)型のアクセス制御ソフト「Access Manager」を用意している。

残り本文:約2811文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan