マーケティング

Probance One:ECサイトに最適化されたシナリオ群のマーケティングツール

マーケティングツールの「Probance One」は、ECサイトに役立つ機能を抽出してパッケージ化しており、手間の掛かる作業の自動化や最適なタイミングで顧客に個別提案できるといった特徴がある。

Probance Oneのポイント

  • ECサイトに役立つ機能を抽出してパッケージ化
  • 手間の掛かる作業の自動化や最適なタイミングで顧客に個別提案できる
  • ECサイトでのシステム構築実績から抽出した8つのシナリオを用意

Probance Oneの製品解説

 プロバンスジャパンの「Probance One」は、ECサイトに特化したマーケティングツールだ。ECサイトに役立つ機能を抽出してパッケージ化しており、手間の掛かる作業の自動化や最適なタイミングで顧客に個別提案できるといった特徴がある。

編集部おすすめの関連記事

 過去のECサイトでのシステム構築実績から抽出した8つのシナリオを用意している。まずはプリセットされた設定で効果の高いプロモーションを実行し、効果を把握してからより精度の高い設定に修正していくといった使い方ができる。

 用意されているシナリオは、長期にわたる顧客生涯価値(Life Time Value:LTV)向上を目指す“カスタマーライフサイクル”、コンバージョンレイト(CVR)向上を狙う“サイト行動ベース”、サイトブランディングに寄与するための“プロダクトライフサイクル”などがある。

 高度なレコメンデーション機能を標準で実装している。顧客データから関連購買商品や購入の傾向などを自動で分析し、最適なオファーを作成しイベント発生後のタイミングで配信することが可能だ。

 自動化と容易に操作出来る管理画面のインターフェースにより、担当者の負荷を軽減できる。面倒な設定は極限まで自動化しているという。

Probance Oneの管理画面
Probance Oneの管理画面(プロバンスジャパン提供)
Probance Oneのまとめ
用途と機能ECサイトに特化したマーケティングツール
特徴ECサイトに役立つ機能を抽出してパッケージ化しており、手間の掛かる作業の自動化や、最適なタイミングで顧客に個別提案できる
税別価格月額8万3000円から
導入企業インテリジェンス、コーセープロビジョン、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. 最新の次世代エンドポイントセキュリティ、3つのアプローチとは?
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  5. 災害対策を急ぐよう命じられ ……急ぎ過ぎた導入が「残念な結果」を招く

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan