アクセス管理

Uni-ID IFD:なりすましを振る舞いで検知する不正アクセス対策ソフト

不正アクセス対策ソフトの「Uni-ID Identity Fraud Detection」は、ウェブサイトにアクセスするユーザーの振る舞いを分析し、不正アクセスを検知する。窃取された認証情報を利用した、なりすましや不正取引などを防げる。

Uni-ID Identity Fraud Detectionのポイント

  • ユーザーの振る舞いを分析し、不正アクセスを検知
  • 窃取された認証情報を利用した、なりすましや不正取引などを防げる
  • 短期間で導入効果を判断するための概念実証(PoC)サービスも提供

Uni-ID Identity Fraud Detectionの製品解説

 NRIセキュアテクノロジーズの「Uni-ID Identity Fraud Detection(Uni-ID IFD)」は、ウェブサイトにアクセスするユーザーの振る舞いを分析し、不正アクセスを検知するソフトウェアだ。IDやパスワードなど窃取された認証情報を利用したなりすましや不正取引などを検知可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 ログイン時とログイン後の振る舞いを独自のリスク解析モデルで分析し、不正アクセスの疑い度合いを判定する。不正アクセスの判定基準や判定に使用する属性値を、ウェブサイトへのアクセス特性やウェブサイトが提供する機能の特性に応じて個別にカスタマイズすることで検知精度を向上できるという。判定結果は、ダッシュボード上でログとして確認できることに加えて、API経由でリアルタイムで他のシステムに提供することも可能。

 巧妙化する攻撃手法に対応するために不正検知ルールのチューニングを継続的に支援するサービスも提供。これを利用すれば、最新の攻撃行動に対応した不正検知ルールに更新し続けられる。

 本番システムに適用する前に、短期間で導入効果を判断するための概念実証(PoC)サービスも提供する。過去のログデータを分析し、不正アクセスの有無の可能性をレポートする。本番システムを改修する必要はない。

Uni-ID IFDの仕組み
Uni-ID IFDの仕組み(NRIセキュアテクノロジーズ提供)
Uni-ID Identity Fraud Detectionのまとめ
用途と機能ウェブサイトにアクセスするユーザーの振る舞いを分析し、不正アクセスを検知するサービス
特徴ログイン時とログイン後の振る舞いを独自のリスク解析モデルで分析し、不正アクセスの疑い度合いを判定する
税別価格PoCサービス:150万円から

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]