IaaS

日産自動車、公式サイトの運用基盤をクラウド移行--コンテンツ強化と運用効率化

日産自動車は、公式サイト「羅針盤」の運用基盤をオンプレミスからクラウドサービスに移行した。コンテンツの開発と提供を迅速化するとともに、運用の効率化とセキュリティポリシーの標準化を実現した。

 日産自動車(横浜市)は、公式サイト「羅針盤」の運用基盤をオンプレミスからクラウドサービスに移行した。コンテンツの開発と提供を迅速化するとともに、運用の効率化とセキュリティポリシーの標準化を実現した。

 同社公式サイトは、開設から年月がたちシステム基盤の老朽化が進んでいることに加えて、拡張性や柔軟性を欠いたオンプレミス環境で運用されていた。また、システム基盤と接続するネットワークや公式サイトから派生する関連サイトが個別に管理運用されていたため、セキュリティレベルのばらつき、障害切り分け作業の長期化、システムの導入に掛かる時間やコストの増加につながっていた。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan