アクセス管理 エンカレッジ・テクノロジ

ESS AdminGate:承認ベースでアクセスを許可する特権ID&証跡管理ツール

特権ID&証跡管理ツールの「ESS AdminGate」は、特権IDでシステムにアクセスする管理者に対し、承認ベースで特権IDを貸与することでアクセス制御を実現するとともに、アクセス内容を動画形式で記録、保管する。

ESS AdminGateのポイント

  • 特権IDでシステムにアクセスする管理者に対して承認ベースで特権IDを貸与
  • アクセス制御を実現するとともに、アクセス内容を動画形式で記録、保管
  • 仮想環境ですぐに使用開始できる仮想アプライアンス方式を採用

ESS AdminGateの製品解説

 エンカレッジ・テクノロジの「ESS AdminGate」は、仮想アプライアンス型の特権ID&証跡管理ツールである。特権IDでシステムにアクセスする管理者に対し、承認ベースで特権IDを貸与することでアクセス制御を実現するとともに、アクセス内容を動画形式で記録、保管する。マイナンバー制度の安全管理措置にも対応している。

編集部おすすめの関連記事

 仮想環境ですぐに使用開始できる仮想アプライアンス方式を採用。OSやミドルウェア、アプリケーションのインストールをしなくて済むのためシステム構築時間を短縮できる。

 同梱されているワークフローシステムを利用して申請、承認の手続きをしなければ、特権IDが使用できないようにアクセス制御を行う。ワークフローと特権IDの貸し出しフローは連携しており、特権IDの貸し出しを自動化できる。

 特権IDのパスワードはランダムな文字列に設定する上、特権ID貸与時に開示しないため、パスワード漏えいによる不正アクセスのリスクを低減。貸し出しに際しては使用者個人の認証を使用するため、共有型のIDであっても使用者を識別できる。

 アクセス内容は動画やテキストで記録する。必要に応じて記録を再生して操作内容を確認できるため、不正操作の抑止や即時的な発見が可能となる。

 「特定個人情報に関する安全管理措置」が規定する技術的安全管理措置や組織的安全管理措置の各項目を実現する機能を提供。マイナンバー対策にも役立つ。

ESS AdminGateの操作画面
ESS AdminGateの操作画面(エンカレッジ・テクノロジ提供)
ESS AdminGateのまとめ
用途と機能マイナンバー制度の安全管理措置に対応した仮想アプライアンス型の特権ID&証跡管理ツール
特徴特権IDでシステムにアクセスするシステム管理者に対し、承認ベースで特権IDを貸与することでアクセス制御を実現するとともに、アクセス内容を動画形式で記録、保管する
税別価格1サーバあたり月額5000円(最小契約期間は1年間、最小サーバ台数は10台)
導入企業ニッセイコム、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan