運用管理ソフト

LMIS on cloud:ITIL準拠でITサービス全体を管理するクラウドサービス

クラウドサービスの「LMIS on cloud」は、ITILに準拠したサービスデスク機能を中心にITサービス全体を管理する。運用管理の形態にあわせて、管理項目の追加や削除、ワークフローの変更が可能。

LMIS on cloudのポイント

  • ITILに準拠したサービスデスク機能を中心にITサービス全体を管理
  • 運用管理の形態にあわせて、管理項目の追加や削除、ワークフローの変更が可能
  • リリース管理機能により、人為的な作業ミスを防止できる

LMIS on cloudの製品解説

 ユニリタの「LMIS on cloud」は、サービスデスク機能を中心としたITサービス全体を管理するクラウドサービスだ。ITILで定義されている「イベント管理」「インシデント管理」「問題管理」「変更管理」「リリース管理」「構成管理」の情報を構成管理システム(CMS)で一元管理する。

編集部おすすめの関連記事

 アラート機能を使うと、インシデントや問題にひも付けられているサービスレベル定義から自動的にインシデントの一次回答期限や問題の対応期限などを設定することが可能だ。これらの期限は容易にカレンダーに登録できる。

 コンフィグレーション機能では、運用管理の形態にあわせて、管理項目の追加や削除、ワークフローの変更などが可能だ。組織変更の際に承認者などを日付によって自動的に変更することもできる。

 リリース管理機能により、計画されたスケジュール手順に従って、リリース作業や事前処理、バックアップ、事後処理などの関連作業を自動で実行するため、人為的な作業ミスを防止できる。リリース作業の失敗時は作業前の状態に自動リカバリすることも可能だ。

イベント管理の画面イメージ
イベント管理の画面イメージ(ユニリタ提供)
LMIS on cloudのまとめ
用途と機能サービスデスク機能を中心としたITサービス全体を管理するクラウドサービス
特徴ITILで定義されているイベント管理、インシデント管理、問題管理、変更管理、リリース管理、構成管理の情報を構成管理システム(CMS)で一元管理する
導入企業JTB情報システム、CACオルビス、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan