その他セキュリティ ディアイティ

Capture Engine Appliance:1Gbps対応のネットワーク監視専用機

ネットワーク監視専用機「Capture Engine Appliance」はパケット解析の機能も搭載。1Gbpsの中小規模ネットワークに対応する。異なる2つの通信の同時キャプチャなど最大2Gbpsの通信のキャプチャが可能だ。

Capture Engine Applianceのポイント

  • ネットワーク監視とパケット解析の機能を備えたアプライアンス
  • 1Gbpsの中小規模ネットワークに対応
  • キャプチャ用インターフェースに1000Base-TのLANポートを2つ搭載

Capture Engine Applianceの製品解説

 ディアイティの「Capture Engine Appliance」は、ネットワーク監視とパケット解析の機能を備えたアプライアンスだ。1Uサイズのサーバにキャプチャエンジンソフト「Capture Engine for Omnipeek」を搭載する。1Gbpsの中小規模ネットワークに対応する。

編集部おすすめの関連記事

 キャプチャ用インターフェースに1000Base-TのLANポートを2つ搭載する。異なる2つの通信の同時キャプチャやチーミングによる最大2Gbpsの通信のキャプチャが可能だ。

 キャプチャデータ保存用のストレージとして1.8Tバイトのハードディスクを内蔵。さらに、USB 3.0ポートやiSCSIを介したストレージへの保存も可能である。

 管理用コンソールは、パケットキャプチャソフト「Omnipeek」を利用する。Omnipeekと連携し、リモート管理と監視、パケット抽出とダウンロード、解析まで一貫した運用でネットワーク管理者の負荷を軽減する。Capture Engine Applianceでパケットを取得しながら、Omnipeekに表示される統計情報でネットワーク監視とパケット解析をする構成になる。

Capture Engine Applianceの概観
Capture Engine Applianceの概観(ディアイティ提供)
Capture Engine Applianceのまとめ
用途と機能ネットワーク監視とパケット解析の機能を備えたアプライアンス
特徴1Uサイズのサーバにキャプチャエンジンソフト「Capture Engine for Omnipeek」を搭載。1Gbpsを中心とした中小規模のネットワークへの導入を容易にする
税別価格Capture Engine Appliance STD:185万円
Capture Engine Appliance LE:198万円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan