SaaS IaaS 情報漏えい対策

私用メール問題にどう対応する?--社内に潜む“勝手クラウド”の危険性

クラウドサービスが多くの企業や従業員で利用され始めている。だが、きちんとした管理体制を構築しなければ、IT部門がその実態を正しく把握できない“勝手クラウド”が社内にはびこるおそれがある。

 クラウドサービスが身近になり、多くの企業や従業員が利用を始めている。だが、あまりにも野放図にしていると、セキュリティ面やコンプライアンス面で大きな問題になりうる。

 IT管理者にとっての課題は、モバイルデバイスの普及やワークスタイルの変化などに対応したクラウド活用と、きちんとした管理体制を両立することだ。そうしなければ、従業員や業務部門が勝手にクラウドサービスを導入し、IT部門がその実態を正しく把握できない“勝手クラウド”が社内にはびこることになる。

 クラウドサービスといってもさまざまな種類がある。本稿では、メールサービス、クラウドストレージ、IaaSなどに分けて説明していきたい。

私用メールアドレスへの転送を防ぐには

残り本文:約2219文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan