ファイル共有

Proself:自社の要件にあわせて設定できるファイル共有サービス構築ソフト

ファイル共有サービス構築ソフトウェアの「Proself」は、サービス利用型とは違い、ストレージ容量やセキュリティレベルを自社の要件にあわせて設定できる。ブラウザから簡単に操作できるため、データの受け渡しや受け取りが簡単だ。

Proselfのポイント

  • ストレージ容量やセキュリティレベルを自社の要件にあわせて設定できる
  • ブラウザから簡単に操作できるため、データの受け渡しや受け取りが簡単
  • アカウントを持たない取引先ともファイルの受け渡しができる

Proselfの製品解説

 ノースグリッドの「Proself」は、ファイル共有サービスを自社構築するためのソフトウェアだ。サービス利用型とは違い、ストレージ容量やセキュリティレベルを自社の要件にあわせて設定できる。

編集部おすすめの関連記事

 ブラウザから簡単に操作できるため、データの受け渡しや受け取りが簡単だ。ファイルやフォルダは、ドラッグ&ドロップでアップロードできる。機能の実装方法としては、Java Applet版とHTML5版から選択可能。

 ファイルにコメントを付ける機能を備えており、コメントを対象とした検索も可能だ。ファイルを世帯管理する機能も備えており、うっかり上書きしてしまった場合でももとに戻せる。

 Word、Excel、PowerPointとPDF、テキストの各ファイルを対象とした検索機能を搭載する。文書内検索オプションを利用すればドキュメント内も検索可能だ。また、これらの文書形式と画像ファイルはサムネイル表示とプレビュー表示にも対応する。

 フォルダに対するアクセス権限を設定する機能も備えている。単独の利用者しかアクセスできない「ユーザーフォルダ」とグループに所属した複数の利用者で共有できる「グループフォルダ」の2種類を作成できる。アカウントを持たない取引先ともファイルの受け渡しができる。

 標準プロトコル「WebDAV」に準拠している。「Java Development Kit 6」の動作環境に対応。ウェブアプリケーションサーバは「Apache Tomcat 6」を使用している。

 スタンダードエディションはユーザー数100人以下を推奨。100人を超える場合はエンタープライズエディションを勧めている(1万人以下を推奨)。同エディションは、LDAPやActive Directoryとの連携機能などを搭載。ネットワークを分離した環境で利用するものとしてゲートウェイエディションも用意している。

Proselfの画面イメージ
Proselfの画面イメージ(ノースグリッド提供)
Proselfのまとめ
用途と機能ファイル共有サービスを自社構築するためのソフトウェア
特徴ブラウザから簡単に操作できるため、データの受け渡しや受け取りが簡単。アカウントを持たない取引先ともファイルの受け渡しができる
税別価格12万5000円
導入企業サイゼリヤ、デジタルSKIPステーション、大光印刷、ダイヤコンサルタント、ネットスター、平和、りらいあコミュニケーションズ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan