マーケティング マーケティングオートメーション SFA

第4回:ムダな訪問をなくして営業活動を効率化するには--ネット商談の可能性

法人営業では長らく、お客さまのところに「訪問」することが重要とされてきた。だが、購買プロセスの変化とテクノロジの発展にあわせて、これまでの訪問型の法人営業を見直す必要がある。

第3回に戻る

 法人営業という言葉を聞くと、取引先に出向いての打ち合わせや商談、プレゼンを思い浮かべる場合が多いのではないでしょうか。日本の法人営業では長らく、お客さまのところに「訪問」することが重要とされてきました。

 確かに以前は重要だったといえるかもしれません。ただ、企業間(BtoB)取引において見込み顧客の購買や情報収集プロセスが変わってきている現在、訪問は見直すべき手段となりつつあります。今回はこのムダな訪問時間を改善する方法について書いていきたいと思います。

なぜ訪問営業を見直すべきなのか

 前述の通り、旧来型の訪問営業を見直すことで、営業活動を効率化できるはずです。では、なぜいま訪問の見直しを提唱するのか、理由は3点あります。

1.見込み顧客の情報収集の場がインターネット中心になった

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2289文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan