韓国の存在感高まるなど--各国がベトナム投資の動き

各国からベトナムへの投資は引き続き順調であるものの、日本からの投資は以前ほど活発ではないように感じます。2015年12月31日付で発足したASEAN経済共同体(AEC)が動き始めて半年余りが経過したこともあり、今回は、各国からの投資の状況について概観してみます。

 各国からベトナムへの投資は引き続き順調であるものの、日本からの投資は以前ほど活発ではないように感じます。昨年12月31日付で発足したASEAN経済共同体(AEC)が動き始めて半年余りが経過したこともあり、今回は、各国からの投資の状況について概観してみます。

存在感を増す韓国企業

 ベトナムを含めた東南アジアでは、1月1日は祝日の1つとして祝う程度で、旧正月を盛大に祝い長期休暇とすることがあります。旧正月の前後は、官民ともに仕事にならないことが多く、いわゆる「開店休業」状態となることも珍しくありません。

 本年の旧正月は2月8日だったので、昨年の12月31日にAECが動き始めても、実質的には7月が終わるころまで待たなければAEC発足後の動きを見極めることも難しいと考えていました。8月に入り、ベトナム政府や各都市での投資概況が公表されたので、これらを概観してみたいと思います。

 ベトナム政府計画投資省のデータによると、7月20日までの本年の海外からの直接投資(FDI)実施額は85.5億ドルとなっています。前年同期間比で15.5%増となっていることから、引き続きベトナムでの外資系企業の活動は活発であることがうかがえます。

 FDIの登録額も、前年同期間比で46.9%増の129.4億ドルとなっており、海外からの投資計画は特に活発なようです。国別では韓国がトップ(32.5%)で、以下、シンガポール(10.7%)、日本(10.6%)となっており、韓国企業の投資額の大きさが目立ちます。

 なお、韓国からの投資は官民問わず活発になっており、政府開発援助(ODA)についても日本を抜き、累積でも年間でも国別で第一位となりました。ベトナムにおける韓国系企業の勢いも好調なようで、「日本人相手よりも韓国人相手の商売の方が活況」という評判も伝わってきます。韓国の存在感が日に日に増してきているようです。

ASEAN諸国からベトナムへの投資は?

 計画投資省の資料でASEAN諸国からの投資に対する概況が示されるようになったのは直近のものからですし、手元にある資料だけでは対前年比の状況を知ることができません。そこで、国別と投資分野別の統計を見ることでASEAN諸国の動きを概観してみます。

 ASEAN域内でベトナムへの投資に最も積極的な国はシンガポールとなっており、ASEAN域内からベトナムへの投資額の59.1%を占めています。以下、マレーシア(21.5%)、タイ(14.6%)、ブルネイ(3.3%)となっており、インドネシア、フィリピン、ラオス、カンボジアといった国からの投資はあまりありません。

 投資分野としては製造関連が最も多く投資額の約4割(42.9%)を占めており、これに不動産関連が29.4%で続きます。また、投資地域はホーチミン市へ26.8%、ハノイへ13%となっており、以下、バリア・ブンタウ省、ビンズオン省、ドンナイ省といった大都市に集中しています。

 過去の経緯や、投資分野や統治地域といった上記の投資状況から推測すると、「VSIP(ベトナム - シンガポール工業団地)やAMATA(タイ最大の工業団地開発運営会社)工業団地といった大規模工業団地をはじめとする不動産開発に注力するシンガポール企業やタイ企業」と、「実際に工場を建設し操業するために製造関連に投資をするマレーシア企業」という状況にあるのかもしれません。

 いまやベトナムへの直接海外投資の約2割(19.3%)をASEAN諸国が占めています。ベトナムへの投資におけるASEAN域内からの投資は、すでに無視できない大きさになっていることは間違いなさそうです。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
開発ツール
開発支援
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
PLM/PDM
生産管理
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
CMS
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan