資産管理 日本ビジネスシステムズ

JBS IT Asset Manager:IT資産を一元管理してコスト見直しを支援するサービス

「JBS IT Asset Manager」は、ハードやソフト、契約関連などのIT資産を一元管理して可視化する。ITの業務プロセスに沿って入力したりデータを取り込んだりしてデータをひも付けて管理できる仕組みとなっている。

JBS IT Asset Managerのポイント

  • ハードウェアやソフトウェア、契約関連などのIT資産を一元管理して可視化
  • 各種レポートを出力してITガバナンスの強化やITコストの見直しを支援
  • 台帳入力のアウトソーシングも可能

JBS IT Asset Managerの製品解説

 日本ビジネスシステムズ(JBS)の「JBS IT Asset Manager」は、ハードウェアやソフトウェア、契約関連などのIT資産を一元管理して可視化するサービスだ。各種のレポートを出力することでITガバナンスの強化やITコストの見直しを支援する。

編集部おすすめの関連記事

 IT業務プロセスに沿って入力やデータ取込を行うことで、さまざまなデータをひも付けて管理できる仕組みを用意。入力したデータから、自社のIT資産、契約、支出の実態を把握し、コスト適正化やガバナンス向上につなげるための各種のレポートを出力する。

 MicrosoftのSharePoint OnlineとExcelを利用したサービスをクラウドで提供する。コスト見直しなどに利用するベンチマークデータは定期的に更新する。

 三菱総合研究所の監修のもとで、初期コンサルティングを実施し、データ整備やプロセス作成、アプリケーション導入などを行う。台帳入力をアウトソーシングすることもできる。

ホーム画面イメージと入力画面イメージ
ホーム画面イメージと入力画面イメージ(JBS提供)
JBS IT Asset Managerのまとめ
用途と機能ハードウェアやソフトウェア、契約関連などのIT資産を一元管理して可視化するサービス
特徴各種のレポートを出力することで、ITガバナンスの強化やITコストの見直しを支援する
税別価格初期導入費用:400万円から。月額サービス費用:35万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan