資産管理 日本ビジネスシステムズ

JBS IT Asset Manager:IT資産を一元管理してコスト見直しを支援するサービス

「JBS IT Asset Manager」は、ハードやソフト、契約関連などのIT資産を一元管理して可視化する。ITの業務プロセスに沿って入力したりデータを取り込んだりしてデータをひも付けて管理できる仕組みとなっている。

JBS IT Asset Managerのポイント

  • ハードウェアやソフトウェア、契約関連などのIT資産を一元管理して可視化
  • 各種レポートを出力してITガバナンスの強化やITコストの見直しを支援
  • 台帳入力のアウトソーシングも可能

JBS IT Asset Managerの製品解説

 日本ビジネスシステムズ(JBS)の「JBS IT Asset Manager」は、ハードウェアやソフトウェア、契約関連などのIT資産を一元管理して可視化するサービスだ。各種のレポートを出力することでITガバナンスの強化やITコストの見直しを支援する。

編集部おすすめの関連記事

 IT業務プロセスに沿って入力やデータ取込を行うことで、さまざまなデータをひも付けて管理できる仕組みを用意。入力したデータから、自社のIT資産、契約、支出の実態を把握し、コスト適正化やガバナンス向上につなげるための各種のレポートを出力する。

 MicrosoftのSharePoint OnlineとExcelを利用したサービスをクラウドで提供する。コスト見直しなどに利用するベンチマークデータは定期的に更新する。

 三菱総合研究所の監修のもとで、初期コンサルティングを実施し、データ整備やプロセス作成、アプリケーション導入などを行う。台帳入力をアウトソーシングすることもできる。

ホーム画面イメージと入力画面イメージ
ホーム画面イメージと入力画面イメージ(JBS提供)
JBS IT Asset Managerのまとめ
用途と機能ハードウェアやソフトウェア、契約関連などのIT資産を一元管理して可視化するサービス
特徴各種のレポートを出力することで、ITガバナンスの強化やITコストの見直しを支援する
税別価格初期導入費用:400万円から。月額サービス費用:35万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]