新興技術 矢野総研

上場企業が考える2020年までのGDP成長見通しは1%以下、ICTは2.9%--矢野経調査

矢野経済研究所は9月20日、ポスト2020年の日本社会と成長産業に関する調査結果を発表した。

 矢野経済研究所は9月20日、ポスト2020年の日本社会と成長産業に関する調査結果を発表した。

 調査は4月から8月にかけて、国内上場企業の企画部門(経営企画、社長室、事業統括、IR担当等)のビジネスマンを対象に郵送(留置)アンケート方式で実施、集計対象は272件だった。

 調査では、2020年以降の日本の社会と経済の動向や2030年に向けて日本の目指すべき姿、国際社会の状況、日本の健全な成長実現のための施策などについて質問、分析に際しては、2020年までの日本経済や回答者の所属する企業の産業セクター別の成長見通し、産業界の将来に大きなインパクトを与える技術、ビジネス機会などについてまとめた。

 調査結果の概要は以下の通り。

2020年度までの日本の実質GDPの成長見通しは、「0~1%」との回答が55.1%

 上場企業企画部門のビジネスマンに、2016年度から2020年度までの日本の実質GDP平均成長率を尋ねたところ、「0~1%」という回答が最も多く、55.1%であった。一方、2%以上の成長を予測する回答者も全体の3割を越える結果となった。

(矢野経済研究所提供)
2020年度までの日本の実質GDP成長見通し(n=270件)
(矢野経済研究所提供)

産業セクター別の成長見通しでは、ICTが2.9%と最も高い

残り本文:約918文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. 自社の「働き方改革」の取り組みに不満がある社員は47.1%!最新調査結果に見る日本企業が抱える課題
  4. 知らぬ間に増えた業務システムと「巨大Excel」--停滞要因を一掃で生産性が倍増!【事例】
  5. 営業赤字13億円からの黒字回復!老舗企業ゆえに陥った成長鈍化の罠、その脱出劇【事例資料】

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]