SNS ウォンテッドリー

Sync:ファイルも共有できるビジネスチャット--全文やメンバー名も検索可能

ビジネス向けチャットサービスの「Sync」は、グループチャット機能に加えてファイル共有機能も兼ね備えている。Google DocsやDropbox、Evernoteなどと連携する機能も備える。

Syncのポイント

  • 部門やプロジェクトの単位でチャットグループを無制限に設定できる
  • メッセージの全文、メンバー名やグループ名、会社名、役職名などを検索できる
  • Google DocsやDropbox、Evernoteなどと連携する機能も備える

Syncの製品解説

 ウォンテッドリーの「Sync」は、ファイル共有機能も兼ね備えたビジネス向けチャットサービスだ。ブラウザでの利用のほか、WindowsとOS X、AndroidとiOSともに専用アプリケーションが用意されている。

編集部おすすめの関連記事

 チャット機能は、部門やプロジェクトの単位でグループを無制限に設定できる。グループの一覧画面では、新しいメッセージ順に並ぶため参加しているグループが多くなっても新しいメッセージを見逃しにくくなっている。

 メッセージやメンバーを検索する機能も提供。メッセージ本文を対象とした全文検索、メンバー名やグループ名、会社名、役職名などの検索が可能だ。

 ファイル共有では、Microsoft OfficeやPDFファイルをプレビューする機能を提供。これらを閲覧するソフトがインストールされていないスマートフォンでも、文書を確認することが可能だ。Google DocsやDropbox、Evernoteなどのクラウドサービスと連携する機能も備える。

 利用プランには、基本機能を提供する無償の「ベーシック」、ベーシックの機能に加えて、アカウントの一括登録と管理、デバイス管理、99.9%の稼働時間でのサービス品質保証(SLA)、操作とアクセスログの書き出しなどを追加した「ビジネス」、500人以上の組織での利用を想定し、サポートが付属する「エンタープライズ」の3種類がある。

Syncの画面イメージ
Syncの画面イメージ(ウォンテッドリー提供)
Syncのまとめ
用途と機能ファイル共有の機能も兼ね備えたビジネス向けのチャットサービス
特徴チャット機能は、部門やプロジェクトの単位でグループを無制限に設定できる。ファイル共有では、Microsoft OfficeやPDFファイルをプレビューする機能を提供
税別価格ベーシック:無償、ビジネス:1ユーザーあたり月額400円、エンタープライズ:要相談
導入企業アクア、インデン、リゾーム、iLab、ポケット・クエリーズ、Trun、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  3. 調査結果--働き方改革:「お隣の企業」はどこまで進めている?着手の度合い、課題をレポート
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. コストの因数分解できてる?ウェブアプリのデプロイにかかるTCOを利用シナリオ別に徹底比較!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan