文書管理 エディックワークス

isana:ファクスを電子化して一元管理するクラウド--受注業務をペーパーレスに

「isana」は、受信ファクスなどの紙を自動で電子化し、クラウドで一元管理する。文書データの閲覧にはブラウザを使うため、文書の閲覧と管理を効率化できる。

isanaのポイント

  • 受信ファクスなどの紙を自動で電子化してクラウドで一元管理
  • 文書データの閲覧にブラウザを使用、文書の閲覧と管理を効率化する
  • 検索機能、自動振り分け機能、自動返信機能などを備える

isanaの製品解説

 エディックワークスの「isana」は、受信ファクスなどの紙を自動で電子化し、クラウドで一元管理するサービスだ。文書データの閲覧にはブラウザを使うため、文書の閲覧と管理を効率化できる。

編集部おすすめの関連記事

 検索機能を使うと、過去に受信した文書の中から特定の文書をすぐに見つけ出せる。受信日時や差出人ファクス番号、各文書データに任意で入力できる注文番号などの文字列からの検索も可能だ。

 自動振り分け機能により、あらかじめ振り分けの条件を設定しておくと、受信したファクスデータを“受信箱”と呼ぶフォルダへ自動的に振り分けられる。

 あらかじめ設定した差出人からファクスを受信した場合、自動的に受領確認のファクスを返信できる。返信する際は、受信したファクスに任意のコメントや画像をスタンプとして挿入することも可能だ。

isanaの利用イメージ
isanaの利用イメージ(エディックワークス提供)
isanaのまとめ
用途と機能受信ファクスなどの紙を自動で電子化し、クラウド上で一元管理するサービス
特徴文書データの閲覧にはブラウザを使うため、文書の閲覧と管理を効率化できる
税別価格初回登録料は2万5000円、5IDの月額基本料は6400円
導入企業浜屋ガラス、など

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]