文書管理 エディックワークス

isana:ファクスを電子化して一元管理するクラウド--受注業務をペーパーレスに

「isana」は、受信ファクスなどの紙を自動で電子化し、クラウドで一元管理する。文書データの閲覧にはブラウザを使うため、文書の閲覧と管理を効率化できる。

isanaのポイント

  • 受信ファクスなどの紙を自動で電子化してクラウドで一元管理
  • 文書データの閲覧にブラウザを使用、文書の閲覧と管理を効率化する
  • 検索機能、自動振り分け機能、自動返信機能などを備える

isanaの製品解説

 エディックワークスの「isana」は、受信ファクスなどの紙を自動で電子化し、クラウドで一元管理するサービスだ。文書データの閲覧にはブラウザを使うため、文書の閲覧と管理を効率化できる。

編集部おすすめの関連記事

 検索機能を使うと、過去に受信した文書の中から特定の文書をすぐに見つけ出せる。受信日時や差出人ファクス番号、各文書データに任意で入力できる注文番号などの文字列からの検索も可能だ。

 自動振り分け機能により、あらかじめ振り分けの条件を設定しておくと、受信したファクスデータを“受信箱”と呼ぶフォルダへ自動的に振り分けられる。

 あらかじめ設定した差出人からファクスを受信した場合、自動的に受領確認のファクスを返信できる。返信する際は、受信したファクスに任意のコメントや画像をスタンプとして挿入することも可能だ。

isanaの利用イメージ
isanaの利用イメージ(エディックワークス提供)
isanaのまとめ
用途と機能受信ファクスなどの紙を自動で電子化し、クラウド上で一元管理するサービス
特徴文書データの閲覧にはブラウザを使うため、文書の閲覧と管理を効率化できる
税別価格初回登録料は2万5000円、5IDの月額基本料は6400円
導入企業浜屋ガラス、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan