ウェアラブル MM総研

ウェアラブル端末を企業が導入する目的は「作業効率化」--MM総研

MM総研は9月14日、ウェアラブル端末について、消費者調査や企業へのインタビューをもとに国内の市場展望を発表した。

 MM総研は9月14日、ウェアラブル端末について、消費者調査や企業へのインタビューをもとに国内の市場展望を発表した。国内のウェアラブル端末利用状況を把握するために実施したもので、回答数は、個人が予備調査8797人、本調査150人、法人が予備調査1万1631人、本調査100人。

 調査の結果、ウェアラブル端末の知名度は前回調査より8.7ポイント上昇し57.6%となったものの、利用者に対する満足度は56.6%、継続利用意向は40.0%にとどまるなど、まだまだ改善の余地がうかがえるという。

 主な調査結果は以下の通り。

ウェアラブル端末の知名度は上昇

残り本文:約1750文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]