マーケティング

Rebot:AI活用したチャットボット作成サービス--発言意図を自動で解釈

チャットボット作成サービスの「Rebot」は、利用者の発言意図を自動で解釈して適切に応答するチャットボットをプログラミングなしで作成できる。利用者が発言するであろうテキストと応答メッセージを事前に設定しておくことで、自動応答のパターンを作成する。

Rebotのポイント

  • 利用者の発言意図を自動で解釈して適切に応答する
  • LINE、Facebookメッセンジャー、ウェブチャットフォームに標準対応
  • 事前に利用者のテキストと応答メッセージを設定して自動応答のパターンを作成

Rebotの製品解説

 Resolaの「Rebot」は、“人工知能(AI)”を使ったチャットボット作成サービスだ。利用者の発言意図を自動で解釈して適切に応答するチャットボットをプログラミングなしで作成できる。

編集部おすすめの関連記事

 利用者が発言するであろうテキストと応答メッセージを事前に設定しておくことで、自動応答するチャットボットを作成する。利用者の発言意図を自動で解釈するので、全ての発言パターンを登録する必要がない。基本的な応答パターンはあらかじめ設定されているものを利用できる。

 LINE、Facebookメッセンジャー、ウェブチャットフォームに標準対応。独自のアプリケーションで利用することも可能である。既存のシステムと連携させることで、チャットを使った予約システムや購入システムなどを構築できる。

 利用者との会話の状態を考慮した応答を行う「対話管理機能」を備える。従来の一問一答形式に加えて、対話形式で利用者から必要な情報を集められるようになった。例えば、航空券の予約の受け付けであれば、「出発地」「到着地」「出発日時」「人数」などの情報を自然な会話のやり取りで聞き出せる。

 利用者からの大量の質問やリクエストに答えられるようスケーラブルなバックエンドシステムを用意。小規模から大規模までのさまざまなサービスに対応する。

Rebotの返品対応デモの画面
Rebotの返品対応デモの画面(Resola提供)
Rebotのまとめ
用途と機能AIを使ったチャットボット作成サービス
特徴利用者の発言意図を自動で解釈して適切に応答するチャットボットをプログラミングなしで作成できる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan