グーグル Google Mozilla Foundation

「Chrome」と「Firefox」で使うべき拡張機能5選

「Google Chrome」と「Firefox」は、拡張機能が簡単にインストールできる。オンライン処理する作業がとても増えている現在、ここで紹介する5種類の拡張機能を使えば時間と手間が省けるだろう。

 ウェブページ閲覧という本来の用途に使うだけなら、ウェブブラウザのカスタマイズは必要ない。しかし、平凡なブラウザは退屈だ。「Chrome」と「Firefox」にはアドオンと拡張機能が多過ぎるほど用意されていて、それらの多くは仕事の省力化に役立つ。

 ここでは、プロとして使うべき基本的な5種類の拡張機能を紹介する。そして、具体的にどの拡張機能をインストールすればよいかもアドバイスする。

迷惑な広告をブロック

 広告ブロックは仕事を処理することに直接役立つわけでないが、ウェブで調べものをする人には欠かせない機能だ。ある程度のレベルの広告ブロック機能は広告とポップアップの両方をブロック対象としているが、この2つをうまく処理することが難しいのは誰の目から見ても明らかである。

 ChromeFirefoxでおそらく一番人気の「Adblock Plus」だが、先ごろ施された変更でユーザーに苦い思いをさせている。料金を払ってくれた広告主の広告を、ブロックせず表示してしまうのだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1872文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan