AI・機械学習

ロボットに奪われる仕事数は思ったほど多くない--最新レポートが示した理由とは

調査会社Forrester Researchの最近のレポートによると、2021年までにAIやロボットに奪われる仕事は8%に過ぎないという。ただし、これは単なる始まりに過ぎない。

 これまでの技術トレンドにおいて、AI(人工知能)ほど求人市場に混乱と不透明性をもたらしたものはない。迫り来る「ロボット革命」により、仕事が奪われるのであればそれがどんな仕事なのか、またそれはいつになるのか、議論となっている。

 一部の人は、ロボットがほぼすべての仕事をこなすようになり、人間はもっとクリエイティブな試みができるようになると推測しているが、より控えめな予測をする人もいる。Forrester Researchの新たなレポートでは、2021年までに「知的エージェントと関連ロボット」に奪われる仕事は6%に過ぎないとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1166文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]