AI・機械学習

ロボットに奪われる仕事数は思ったほど多くない--最新レポートが示した理由とは

調査会社Forrester Researchの最近のレポートによると、2021年までにAIやロボットに奪われる仕事は8%に過ぎないという。ただし、これは単なる始まりに過ぎない。

 これまでの技術トレンドにおいて、AI(人工知能)ほど求人市場に混乱と不透明性をもたらしたものはない。迫り来る「ロボット革命」により、仕事が奪われるのであればそれがどんな仕事なのか、またそれはいつになるのか、議論となっている。

 一部の人は、ロボットがほぼすべての仕事をこなすようになり、人間はもっとクリエイティブな試みができるようになると推測しているが、より控えめな予測をする人もいる。Forrester Researchの新たなレポートでは、2021年までに「知的エージェントと関連ロボット」に奪われる仕事は6%に過ぎないとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1166文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan