OS OS・ミドルウェア Microsoft

「Windows 10」の「設定」ツールを使う--「Anniversary Update」で改善されたのはココ

Windowsの設定ツールは、以前より気が利きて、使いやすいものになりつつある。その歩みはこれまで遅かったが、「Windows 10 Anniversary Update」で前途有望な改良が施される。

 筆者は2015年2月に書いた記事「Control Panel and Settings:Why are both still UI options in Windows 10?」のなかで、「Windows 10」では「コントロールパネル」を使わないようにして、「設定」画面を標準設定ツールにするよう提案した。記事を執筆したのは、Windows 10がまだ開発途上にあって、RTM版公開の5カ月前のことだった。コントロールパネルのツールを廃止し、設定ユーザーインターフェイス(UI)内の新たなコントロールへ置き換える作業は多少進んだものの、完全移行にはまだ遠い。

 MicrosoftがWindows 10の正式リリースまでに、コントロールパネルをスッキリとした見た目で操作しやすいUIを備える設定画面へ完全移行させれば、と考えていたが、実現されなかった。Windows 10のコントロールパネルは今も健在だ。

「Windows 10」の「設定」ツールをここでは紹介する。
提供:iStockphoto.com alessandroguerriero

 そして正式リリースから1年経過した現在、「Windows 10 Anniversary Update」がリリースされた。コントロールパネルからの完全移行に近づいてはいるが、想像した状態にはなっていない。ただ、進捗(しんちょく)がないわけではなく、UIの刷新された設定項目がいくつかある。さらに、設定ツールの名称が変更され、検索機能が改善された。以下で詳しく見ていこう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1733文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. オンプレミスと同じ発想ではダメ!可用性向上にはクラウドならではのアプローチが必要な理由とは?
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]