PC

縮小一方のPC市場、ベンダーは2020年までに事業見直しか撤退の決断を--ガートナー

ガートナーは、世界PC市場が縮小していくとの見通しを発表した。暗い見通しに直面しているPCメーカーに対し、2020年までに事業を見直すか、PC市場から撤退するか決断しなければならない、とアドバイスした。

 Gartnerは、世界PC市場が縮小していくとの見通しを発表した。それによると、2015年に14億8527万6000台あった導入台数が、2019年には13億3345万台まで減少するという。暗い見通しに直面しているPCメーカーに対し、2020年までに事業を見直すか、PC市場から撤退するか決断しなければならない、とアドバイスした。

 Gartner調査担当バイスプレジデントのTracy Tsai氏は、「以前から分かっていたことだが、PCというビジネスモデルは崩壊している。2011年に65%だったモバイルPC上位5ベンダーの市場シェアは、2016年上半期に76%になり、5年で11ポイント拡大した。ただし、これは利益を犠牲にして達成された」と指摘している。

 2015年から2019年までの5年間で、PC導入台数は以下のように減り続ける。同時に、売上高と利益も減少すると見込まれる。

  • 全世界のPC(デスクトップ、ノート、ウルトラモバイル)導入台数
    ・2015年:14億8527万6000台
    ・2016年:14億4232万9000台
    ・2017年:14億5万台
    ・2018年:13億6262万2000台
    ・2019年:13億3345万台

 PC事業から撤退しない道を選ぶ場合、早急に事業を見直す必要があるとした。そして、PC市場における競争力を維持できる4つの可能性を示した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約593文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan