IoT

世界スマートウォッチ市場、2016年の2010万台が2020年に5460万台へ

IDCは、世界スマートウォッチ市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年の出荷台数は2010万台で、2015年の1940万台に比べ3.9%増える見込みという。

 IDCは、世界スマートウォッチ市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年の出荷台数は2010万台で、2015年の1940万台に比べ3.9%増える見込みという。そして、2020年まで年平均23.0%のペースで増え、5460万台に達すると予測した。その時点での売上高は178億ドルの予想。

 2016年におけるスマートウォッチ出荷台数の伸びは控え目だ。こうした状況について、IDCウェアラブルチーム調査マネージャーのRamon Llamas氏は「これまでスマートウォッチは、各ブランドとテクノロジのファン向け製品だったが、今後数年で変化していくだろう」と述べた。具体的な変化として、以下の4項目を挙げた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1484文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan