IoT

世界スマートウォッチ市場、2016年の2010万台が2020年に5460万台へ

IDCは、世界スマートウォッチ市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年の出荷台数は2010万台で、2015年の1940万台に比べ3.9%増える見込みという。

 IDCは、世界スマートウォッチ市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年の出荷台数は2010万台で、2015年の1940万台に比べ3.9%増える見込みという。そして、2020年まで年平均23.0%のペースで増え、5460万台に達すると予測した。その時点での売上高は178億ドルの予想。

 2016年におけるスマートウォッチ出荷台数の伸びは控え目だ。こうした状況について、IDCウェアラブルチーム調査マネージャーのRamon Llamas氏は「これまでスマートウォッチは、各ブランドとテクノロジのファン向け製品だったが、今後数年で変化していくだろう」と述べた。具体的な変化として、以下の4項目を挙げた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1484文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]