ERP ワークスアプリケーションズ

鹿島建設、次期会計システムに“人工知能型”ERPを採用--会計業務の生産性向上を目指す

大手総合建設会社の鹿島建設は、人工知能を搭載した統合基幹業務システム(ERP)「HUE」を次期会計システムに採用した。

 大手総合建設会社の鹿島建設(港区)は、人工知能を搭載した統合基幹業務システム(ERP)「HUE」を次期会計システムに採用した。データ入力の多い会計業務で入力作業を極力減らし、データの正確性と業務スピード向上の両立を目指す。

 鹿島建設は、次期会計システムの更新検討に際し、情報処理基盤の刷新を図り、技術動向を踏まえたシステム導入が不可欠と認識していた。また、稼働後の運用保守と機能改善などを考慮して、可能な限り追加開発せずに導入できることを望んでいた。

 HUEを導入することで、データ入力の手間を極力減らし、データの正確性と業務の迅速化を両立させようとしている。具体的には、過去の伝票内容から入力すべき情報を提案したり、膨大な請求書データの入力業務を自動化したりすることで、業務の生産性向上が期待できる。

 今後は、自社の経理業務の高度化のみならず、グループ会社との協働、連携の仕組みも整備して、グループ経営基盤のさらなる強化を目指すとしている。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan