ファイル共有 富士フイルム

SECURE DELIVER:“引き取り”もできるクラウド型ファイル送受信サービス

クラウド型ファイル送受信サービスの「SECURE DELIVER」は、企業間でファイルを安全に送受信できる。ファイルは一定期間が経つと自動で消去される。送付先が間違っていたら送信後でも無効化できる。

SECURE DELIVERのポイント

  • 受け渡し方法は「お届け便」「引き取り便」「往復便」の3つ
  • 合計10Gバイト、10ファイルまでのファイル送受信が可能
  • 1度に20件のメールアドレスへ同報送信するといった使い方もできる

SECURE DELIVERの製品解説

 富士フイルムの「SECURE DELIVER」は、企業間でファイルを安全に送受信するためのクラウドサービスだ。メール添付では送れない大容量データや誤送信や情報漏えいを避けなくてはならない重要データを外部の取引先と受け渡せる。登録されたデータは一定期間で自動で消去される。

編集部おすすめの関連記事

 受け渡し方法は、ファイルを送る「お届け便」、ファイルを受け取る「引き取り便」、相互にファイルを送る「往復便」の3つだ。状況にあった受け渡し方法を選択できる。1度の送信で合計10Gバイト、10ファイルまでの送受信が可能だ。

 頻繁にファイルを送る相手先への送信内容をテンプレートとして登録し、定例会の報告や顧客へのデータ納品などの特定業務に使える。1度に20件のメールアドレスへ同報送信するといった使い方も可能だ。

 管理者に加え、各利用者が「送受信の取得状況一覧」を確認できる。送信した相手の内で1人だけがダウンロードしていないといった情報を確認できる。ファイル送信後、送付先が間違っていた場合、URLを無効化できる。上長など第三者の承認がないと送信できない事前承認機能も利用できる。

SECURE DELIVERの利用イメージ
SECURE DELIVERの利用イメージ(富士フイルム提供)
SECURE DELIVERのまとめ
用途と機能企業間でファイルを安全に送受信するためのクラウドサービス
特徴メール添付では送れない大容量データや誤送信や情報漏えいを避けなくてはならない重要データを外部の取引先と受け渡せる
税別価格月間500通まで送信可能なプランが3万4500円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan