タブレット

「iPad Pro」の登場でデタッチャブルタブレットが好調--IDC Japan

IDC Japanは9月14日、国内タブレット市場の2016年第2四半期(4~6月)の出荷台数実績値を発表した。「iPad Pro」の登場でデタッチャブルタブレットのシェアが増加している。

 タブレットの国内出荷台数は、2016年第2四半期(4~6月)に前年同期比5.8%増の179万台となった。IDC Japanが9月14日に発表した。家庭市場向けは前年同期比22.0%増の140万台、ビジネス市場向けは28.3%減の39万台だった。

 セグメント別に見ると、家庭市場は、通信事業者向けの出荷を中心としたファーウェイが市場をけん引し、前年同期比でプラス成長となった。一方のビジネス市場は、教育分野での案件がいくつかあったものの、この数四半期と同様で企業がその顧客や生徒に支給する利用形態(Business to Business to Consumer:BtoBtoC)などの大型案件がなかったことや、企業におけるタブレットの需要が低かったことがマイナス成長の主因となった。

 形態別に見ると、ハードウェアキーボードが脱着できる「デタッチャブルタブレット」の出荷台数は前年同期比52.5%増の42万台、スレート型である「スレートタブレット」は前年同期比3.3%減の137万台となった。

 デタッチャブルタブレットの出荷比率が23.5%となり、タブレット市場の中での存在感を高めつつある。その大きな要因としては「iPad Pro」の登場がある。これまではWindowsタブレットが中心だったが、iPad Proが発売された2015年第4四半期(10~12月)以降は、デタッチャブルタブレットの比率が高まってきている。

残り本文:約530文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan