アクセス管理

Account@Adapter+:認証やアカウント管理、DHCPなど搭載のアプライアンス

認証アプライアンスサーバの「Account@Adapter+」は、ネットワーク認証やアカウント管理、DHCPの機能を備える。最大20万件のアカウント登録、最大5万件のIPアドレス割り当てが可能だ。

Account@Adapter+のポイント

  • ネットワーク認証やアカウント管理、DHCPの機能を備える
  • 最大20万件のアカウント登録、最大5万件のIPアドレス割り当てが可能
  • ユーザーや端末、証明書などに応じてVLANを割り当てられる

Account@Adapter+の製品解説

 日立電線ネットワークスの「Account@Adapter+」は、ネットワーク認証やアカウント管理、DHCPの機能を備えた認証アプライアンスサーバだ。最大20万件のアカウントを登録可能で、最大5万件のIPアドレスを割り当てられる。

編集部おすすめの関連記事

 認証機能については、認証スイッチ、無線LAN、仮想私設網(VPN)装置などと連携したRADIUS認証に対応する。外部LDAPやActive Directoryを参照した認証も可能。アクセス制御に関しては、ユーザーや端末、証明書、所属ディレクトリ、RADIUSクライアントグループ、外部LDAPの属性値に応じて、接続するVLAN(Virtual LAN)を割り当てられる。

 アカウント管理機能については、ローカルデータベースでユーザー、端末、証明書の管理が可能だ。ディレクトリ単位で管理でき、管理者設定もディレクトリ管理者、承認のみ、DHCP管理など柔軟に選択できる。

 利用者向けのウェブインターフェースを使えば、紙ベースでの申請をシステムに移行できる。利用者によるユーザー、端末、証明書の申請に加え、管理者による審査履歴管理や証明書のダウンロード、更新、パスワード有効期限の通知などが可能になる。

Account@Adapter+のまとめ
用途と機能ネットワーク認証やアカウント管理、DHCPの機能を備えた認証アプライアンスサーバ
特徴最大20万件のアカウントを登録可能で、最大5万件のIPアドレスを割り当てられる
導入企業双日、足利赤十字病院、など

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]