ウェブアプリケーション グーグル Google

「Evernote」対抗のメモアプリ「Google Keep」を使いこなす--生産性を高める小技10選

メモアプリ「Google Keep」を使おうかと下調べをして、機能不足と判断したのなら、ここで紹介する小技10選を読んでほしい。Google Keepを強化し、作業効率を高められるはずだ。

 「Google Keep」は、筆者が毎日欠かさず使うツールの1つだ。PCからアクセスしても、Androidデバイスからアクセスしても、Keepは平均的なメモ取りツールとやや異なるスタイルで筆者の生産性を維持してくれる。ただし、Keepをメモ書きにしか使っていない人もいる。メモ書きは代表的な使用例だが、それでは、残念ながらKeepの重要な生産性機能が無駄になっている。そこで、ただのメモ取りにとどまらず、生産性向上に役立てられるよう、筆者の使っているGoogle Keepの優れた小技をいくつか紹介する。

 それでは始めよう。

ノートへのタグ付け

 筆者は、Keepに数百ものノートを保存している。これだけ多くなると、必要なノートを見つけるのは至難の業だ。ノートの海で溺れないようにするため、筆者はノートを作る際、必ずタグ(ラベル)付けを行う。ノート作成時に新しいタグを作る必要に迫られることもあるが、どのノートにもタグを付ける。こうしておくと、探しているノートがとても見つけやすい。Keepの画面で(左上にある)ハンバーガーメニューをクリックし、いずれかのタグを選ぶと、該当するタグの付いたノートだけが表示される。

色の指定、画像の追加

 ノートに色を付けたり、画像を追加したりできたところで、生産性向上に貢献する小技とは思えないかもしれない。ところが、タグで分類していても見つけるのに苦労するほどノートを増やしてしまった場合、ノートの色を変えるか、何か画像を追加すると、そのノートが目立つ。例えば、筆者は毎日見返す特に重要なノートを2つ持っていて、すぐに見つけられるようそれぞれ背景色を変えている。そのうえで、Keepの検索窓をクリックして目的のノートに付与した色を選ぶと、検索結果にそのノートが表示される。色が合わないのなら、見つけやすくなるよう画像を追加するとよい。

ノートでコラボレーション

 生産性と言えば、コラボレーションである。メモ取りアプリでコラボレーションなどオーバースペックのように思えるが、何か小さな作業で(とりわけ、日常的かつ移動中に)すべきものがある場合、簡単に処理するための最適なツールの1つがGoogle Keepであろう。ノートを作ってシェア(共有)ボタンをクリックすると、ほかのユーザーにアクセス権を与えられる。大量のノートを共有するのなら、共有相手のユーザー(またはチーム)ごとにタグを作っておくと、コラボレーションで使うノートを見つけやすくなるだろう。

リマインダ機能の活用

 Keepは、モバイル版とデスクトップ版の両方でリマインダが設定可能だ。リマインダの作り方は、ノートとほとんど変わらない。ただ1つ異なるのは、ChromeとGoogle Keepにリマインダをポップアップさせる時刻(または場所)をノート追加できる点だ(もちろんこれは「Google Chrome」を使っていることが前提だ)。リマインダは、重要なノートを忘れないようにできる優れた機能である。どんなリマインダを設定したのか分からなくなったら、(画面左上の)ハンバーガーメニューをクリックして「Reminders」をクリックすると、完了させていないリマインダがすべて表示されるので、いつでも確認可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2149文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan