マーケティング

PtEFO:ウェブの入力フォームを見直して離脱率を改善するEFOサービス

入力フォーム最適化(EFO)サービスの「PtEFO」は、ウェブサイトに設置するフォームの作成から改善まで実施できる。余計な入力エラーによる離脱を防ぐ自動補助機能や見落とされがちなフォームを見直すことによりコンバージョンを改善する。

PtEFOのポイント

  • 全角の半角変更、ハイフンの削除、見えないスペースの削除などに自動で対応
  • フォームの表示回数、各項目への遷移数、入力エラーの数、滞在秒数などのデータを収集する
  • 郵便番号入力による自動住所入力、残りの必須入力数の表示、項目内への例文表示などに対応

PtEFOの製品解説

 Ptmindの「PtEFO」は、ウェブサイトに設置するフォームの作成から改善まで実施できる入力フォーム最適化(Entry Form Optimization:EFO)サービスだ。余計な入力エラーによる離脱を防ぐ自動補助機能や見落とされがちなフォームを見直すことによりコンバージョンを改善する。

編集部おすすめの関連記事

 管理画面で必要な項目を入力し、発行されるJavaScriptタグをウェブサイトに張れば、フォームを設置できる。フォーム設置後は、フォームの表示回数、各項目への遷移数、入力エラーの数、滞在秒数などのデータをリアルタイムで自動収集。収集したデータは管理画面で確認できるほか、CSV形式でダウンロードできる。

 自動補助機能では、フォーム入力において、全角の自動半角変更、ハイフンの自動削除、見えないスペースの自動削除など、入力エラーが起こりやすい部分を自動で対応。さらに、郵便番号入力による自動住所入力、残りの必須入力数の表示、項目内への例文表示などを行うほか、入力不備の場合に「入力が完了していません」というボタンを表示する。

 PCとスマートフォン向けのウェブサイトに対応。CSSの編集により、フォームのデザインをデフォルトデザインから変更できる。暗号化通信を使用し、運用サーバはトラフィックが増加した際に自動でスケーリングする。

PtEFOのフォーム項目編集画面
PtEFOのフォーム項目編集画面(Ptmind提供)
PtEFOのまとめ
用途と機能ウェブサイトに設置するフォームの作成から改善まで実施できるEFOサービス
特徴余計な入力エラーによる離脱を防ぐ自動補助機能や見落とされがちなフォームを見直すことによりコンバージョンを改善する
税別価格月額1万円

「マーケティング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]