コールセンター・コンタクトセンター Cloco

Cloco:IVR、ACD、CRMなどの機能を備えるクラウド型コールセンターシステム

クラウド型コールセンターシステムの「Cloco」は、自動音声応答(IVR)、着信呼自動分配(ACD)、顧客関係管理(CRM)、全通話録音、レポーティングなどの機能を搭載する。インターネット環境を用いているため多拠点での利用も可能だ。

Clocoのポイント

  • IVR、ACD、CRMなど、コールセンターに必要な機能を搭載
  • インターネット環境を用いているため多拠点での利用も可能
  • システムが入った全てのPCから電話会議に参加できる

Clocoの製品解説

 アジルクラウドの「Cloco」は、クラウド型のコールセンターシステムだ。自動音声応答(IVR)、着信呼自動分配(ACD)、顧客関係管理(CRM)、全通話録音、レポーティングなどの機能を搭載する。インターネット環境を用いているため多拠点での利用も可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 オペレーターのレベルに応じて着信順や着信回数を振り分けて、スキルアップや応対品質の均一化を図れる。また、オペレーターの状況確認や過去の履歴データを確認、抽出できるためスーパーバイザーの作業を効率化できる。

 顧客ごとに進捗情報を管理可能。着信時には顧客情報がポップアップで表示される。着信が重なって電話に出られない場合に、ガイダンスを流して待機させ、オペレーター側で顧客からかかってきた順番に電話が取れるようにするコールキューイングや、通話中にアドバイスを求める時に使えるテキストチャットなどの機能も備える。

 システムが入った全てのPCから電話会議に参加できるので、出張費を抑えてコミュニケーションを活性化することも可能だ。

リアルタイム情報統計の画面イメージ
リアルタイム情報統計の画面イメージ(アジルクラウド提供)
Clocoのまとめ
用途と機能クラウド型のコールセンターシステム
特徴自動音声応答(IVR)、着信呼自動分配(ACD)、顧客関係管理(CRM)、全通話録音、レポーティングなどの機能を搭載する。インターネット環境を用いているため多拠点での利用も可能
税別価格同時通話数が10チャネル内の場合、サーー利用料が初期費用5万円、月額費用が5万円、チャネル料金が1チャネルあたり初期費用1800円、月額費用1800円

「コールセンター・コンタクトセンター」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]