UTM メールセキュリティ ソフトクリエイト

PRIME GATE:標的型攻撃対策とメール暗号化などを提供するクラウドサービス

クラウドサービスの「PRIME GATE」は、標的型攻撃対策とメールアーカイブ、メール暗号化の機能を提供する。アカウント数に依存しない課金体系で、メールの暗号化とアーカイブは運用容量のみの月額固定となる。

PRIME GATEのポイント

  • 標的型攻撃対策とメールアーカイブ、メール暗号化の機能を提供
  • アカウント数に依存しない課金体系
  • メールの暗号化とアーカイブは運用容量のみの月額固定

PRIME GATEの製品解説

 ソフトクリエイトの「PRIME GATE」は、標的型攻撃対策とメールアーカイブ、メール暗号化の機能を提供するクラウドサービスだ。アカウント数に依存しない課金体系で、メールの暗号化とアーカイブは運用容量のみの月額固定となる。

編集部おすすめの関連記事

 標的型攻撃対策にはFortinetの統合脅威管理(UTM)である「FortiGate」、メールアーカイブにはBarracudaの「Message Archiver」、メール暗号化にはOrangesoftのメール誤送信対策「BRODIAEA safeAttach」の各アプライアンスを採用。仮想私設網(VPN)経由で顧客と接続する。

 製品ラインアップとして、スタンダード、スタンダードプラス、カスタム、メールアーカイブ、サイファーの各サービスを用意する。

 スタンダード版は、仮想タイプでFortiGateを利用し、インターネット回線は共有となる。スタンダードプラス版は、スタンダードに専用インターネット回線を選べるコース。カスタム版は、FortiGateの物理アプライアンスをレンタルできる。

 メールアーカイブ版は、重複排除機能付きのメールアーカイブサービスを利用できるコースで、保存しているメールに対する全文検索ができる。サイファー版では、メール暗号化サービスが利用可能で、Google AppsやOffice 365と連携できる。

PRIME GATEの構成イメージ
PRIME GATEの構成イメージ(ソフトクリエイト提供)
PRIME GATEのまとめ
用途と機能標的型攻撃対策とメールアーカイブ、メール暗号化の機能を提供するクラウドサービス
特徴標的型攻撃対策にはFortiGate、メールアーカイブにはMessage Archiver、メール暗号化にはBRODIAEA safeAttachを採用。アカウント数に依存しない課金体系で、メールの暗号化とアーカイブは運用容量のみの月額固定

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan